キャッシングで本人確認の電話…具体的に何を訊かれますか?

キャッシングで本人確認の電話…具体的に何を訊かれますか?

キャッシングで本人確認の電話がかかって来るらしいですが、具体的にどんなことを訊かれますか?訊かれる内容で、会社にキャッシングしようとしてることがバレそうで、不安です。私がいるかどうか訊かれるんですか?勤続年数はどうでしょうか?

基本的には在籍の確認だけで済みますが、バレる場合も!

金融会社で在籍確認のためにされる電話のことですね。それなら、基本的には、そんなに心配する必要ありません。「こんにちは、○○と申します(個人名など)。Kさん(具体的にあなたの名前が入る)はいらっしゃいますか?」という電話です。もし、あなたがその場にいなかったとしても、「Kは席を外しております」などの言葉で審査には通るようになっています。

ただ、在籍確認の電話は通常、バレないようにできているのですが、たまにその電話が原因でバレてしまう業界があるようです。というのは、借金をする人が多い会社で、普段から時々、金融会社の在籍確認が入る場合ですね。会社が小さく、一人ひとりの給料もあまり高くない会社で、そういうことが起こりやすいようですが、電話に出た人が、「そんな人はいません」などと言って切ってしまうと、審査に通らなくなるケースがあります。

また、個人情報の保護にうるさい企業などでは、いたとしても、「そんなことをなぜ、あなたに教えないといけないのか」などの対応をする企業さんもあるようで、その場合、事前に電話を取りそうな方に伝えておいたほうが良い場合があります。

大手の会社なら、在籍確認だけで済みますが、名乗り方は会社によって異なります。保険会社の名前だったり、個人名だったり、金融をそのまま名乗ったり、銀行系なら、その銀行名で名乗ったりということがあります。気になる方は、該当金融会社に名乗り方を確認しておいたほうが良いでしょう。金融会社によっては、名乗り方を変更してもらうこともできます。

キャッシングの利用で必要となる収入や本人確認の書類とは

基本的に、キャッシングというサービスを利用して金融機関から融資を受ける際に必要となる書類は、本人を確認できるもののみです。これは運転免許証などが用いられる事が一般的ですが、その他にも健康保険証などが利用できます。キャッシングというサービスを利用する上で、これらの簡易的な書類だけで審査が終了してしまうのは、このキャッシングというサービスが比較的金額の少ない融資を対象にしている為で、この必要書類の提出が簡略化されているという点が融資までの時間の短縮に繋がっているのです。

しかし、キャッシングで融資の金額が一定を超えるケースでは、収入を証明するための書類が必要となることもあります。これは法的な規制により年収の一定の割合までしか融資を提供することができないという理由によるもので、この基準を満たしているかどうかという点を把握するために、年収を証明する書類が必要となるのです。しかし、融資額が少額な場合は、この収入を証明する書類の提出は求められない事も多く、個々の融資の状況に応じて必要となる書類に変化が生じるというのが現状なのです。具体的に、提出が法的に義務付けられるのは、融資の金額が五十万円を超えるケースであり、業者からの融資の合計金額が百万円を超える場合は、申込者の年収を証明するための書類が必要となります。この書類はサラリーマンの場合は源泉徴収の写しや、給与の明細が利用でき、個人事業主の方の場合は確定申告書などが用いられる事が一般的です。

又、キャッシング業者によっては、数十万円程度の融資であっても、収入を証明できる書類の提出を義務付けるケースがあります。これはキャッシングにおける法的な規制が厳しくなってきているという理由もあり、審査基準を厳格化し、より安全性の高い融資を行うという業者側の意向によるものです。その為、業者ごとで異なる必要書類の種類を確認する為には、事前に業者のサイトを調べておく必要があります。

Categories: archive