無職でも即日キャッシングできる可能性ってあるのか…

大卒のフリーター男性です。アルバイトはいちおうしています。が、収入は少なくやや不安定です。また、定職を持たないので社会的には無職となるのでしょうね。ところで無職でも即日にキャッシングすることは可能なのでしょうか?

無職で収入無ければキャッシングは不可能

原則論から先に言えば、無職の場合は金融機関から即日にキャッシングするのはかなり難しいと言えます。が、絶対に不可能と言う訳ではありません。まず「無職」については2通りのケースがあると思います。一つ目は、無職であり無収入のケースです。この場合は、アルバイトもパートもなにもしておらず、まったく収入ゼロの無職ですので、即日キャッシングはまず不可能と考えて下さい。

なぜなら、どの金融機関における即日キャッシングの融資条件となる「継続した一定の安定収入がある」ことをクリアできないので確実に審査は通らないと思います。ただし、例外はあります。たとえば、銀行に定期預金をしている場合は、それを担保にお金を借りられます。即日にキャッシングすることも可能と思われます。

二つ目は、アルバイトやパートで定期、あるいは不定期に働いている無職です。この場合には収入はありますが、定職に就いていないことで社会的は無職扱いとなります。そして、このような条件の場合は、先のケースよりも即日キャッシングの審査に通る可能性は高くなると言ってよいでしょう。が、審査は厳しくなると思います。

そして、問題となるのは、やはり一定の安定収入の審査基準をクリアできるかどうかになると思われます。あまりにも収入が不安定で少ない場合には即日キャッシングを断られることもあります。加えて、専業主婦も無職かつ無収入ですが、配偶者貸付を利用したり、配偶者の収入を担保にするかたちで消費者金融や銀行で即日キャッシングが可能となります。

とまれ、金融機関で即日キャッシングしたいのであれば、アルバイトなりパートなりで働いて、まずは一定の安定収入をきちんと確保することでしょう。そうなれば無職であっても大概の消費者金融なら即日のキャッシングは可能であると思いますよ。なぜなら、消費者金融ではアルバイトでもパートでも、あるいは契約社員でも派遣でも歓迎されるからです。他方、銀行の場合はやや厳しいかもしれませんね。

無職で即日キャッシングができるか…借金の重みを真剣に考える

最近、貸金業界が躍起になっている「即日融資」。2010年以降、貸金業界に対する法規制によって、個人向け融資の勢力図が大きく変わったのは皆さんもご存知でしょう。銀行をはじめとする金融機関が積極的に顧客獲得に乗り出したため、それまで主力だった消費者金融は銀行の保証会社として手数料収入をえたり、独自の商品サービスを考え出したりと、生き残りに必死な状態です。今、貸金業界は銀行も巻き込んだサバイバル時代とも言っていいでしょう。「即日融資」も店頭に来ることなく、ネットと電話・FAXがあれば振込み融資で対応します!と新サービスとして注目を集めています。

そんな貸金戦国時代。無職の人達でも利用できるような即日融資サービスはあるのでしょうか。少しでも多くの顧客を取り込みたいと考えるならば、無職でも大丈夫じゃないか?と考えるかもしれませんが、世の中そこまで甘くはありません。無職の方へは即日融資だけでなく、融資そのものが難しいというのは、昔も今も変わらないことなんです。

なぜ、無職では融資を受けられないのか。1社くらい無職でもOKの新機軸サービスを提供してくれてもいいじゃないか。そうすれば全国規模の無職の人が借主になってくれるいわば独占状態を築けるだろうに…。計画としてはこういう考えも面白いかもしれません。しかし、貸し手にとって最も大切なことは、「返済能力のある優良顧客の獲得」なんです。例えば公務員や会社員が昔は優遇されていた貸金の世界が、最近ではパートやアルバイトなどの非正規雇用でも利用できるように進化をしてきました。それは、「非正規雇用でも安定収入がある人ならば少額融資くらいは可能だろう」という発想です。事実、一部の銀行などでは、「アルバイトの方は30万円まで」とか、「学生の方は10万円まで」といった上限を設けているところもあるんです。つまり、裾野は広げても、その人に見合った限度額で融資を行なうスタイルは崩してはいないんです。(このサイトで紹介する会社なら無職でも審査が通るかも?→http://xn--u9j7ipa6b6d889vu47e.com/

残念ながら、無職(専業主婦や年金生活をされている方は除く)の皆さんには、「返済能力」となる安定した収入が証明できないので、今の貸金業界での借り入れ、まして即日融資などは不可能としか言えない状況なんです。いつか時代が更に進化して、逃げたり踏み倒したりできないようなシステムが考案され、出世払い融資ができたとしたら、無職の方への融資も少しは可能性が広くなるかもしれないですが、それはこの先何十年も百年以上も先の話になるでしょう。

FXを効率的に行うカードローン利用法

これから上がると言うことが間違いないのに証拠金を追加しなければいけない状況はあると思います。寝ている時に一時的に価格が下がった時なんかは今現時点で価格が戻る傾向が強かったとしても、追証が発生することはある。

そんなときにいちいち投資資金を追証に回していてはキリがありません。どんどん追証で投資資金が奪われていってしまいます。そしてこんな一時的な資金に効果的なのがカードローンなどでの借り入れた資金です。

もちろん、借りたお金を投資に回してはいけません。しかし、一時的なお金であれば大きな効果を発揮します。何よりもカードローンは申し込めばその日のうちに必要な金額が手に入るとても使いやすいものです。これを上手に利用しない手はないと言えます。

申込みからスグ借りれました!

私はお金が足りなくなって困ることが多いんですが、先日は銀行口座のお金がすっかり無くなってるのに気づかず、大慌てしちゃいました。

うちは家賃は大家さんちまで直接持っていくので、口座振替は公共料金だけなんです。生活費を下ろしに行ったら残高が数百円になってて、引落しが出来てないのが初めてわかったんです。

びっくりして初めてお金を借りることにしました。慌ててたんで手続きをどうやったかも覚えてませんが、申し込みもすぐ出来てお金も振り込んでもらえたので、ようやく人心地つきました。毎月ギリギリで生活してるとダメだなって、少し反省しましたよ。

申し込んでその日のうちに!

売れない役者は貧乏だ(笑)。もう10年以上、バイトしながらの劇団員生活を続けてます。他の劇団の芝居とかにも出てますし、繋がりで呼ばれることも多いので、知ってる人は知ってるって位の役者ですが、芝居だけで食べてはいけません。

しかも今回は大きな劇場を借りようと、皆でお金を出し合うことになったので、金の無い俺はカードローンに申し込みました。キャンセルのあった日に安く借りたため、すぐにお金を納めなければならなかったのですが、ケータイから申し込んでその日に振り込んでもらえて安心しました。

あとはお客さんにいっぱい入ってもらえるよう頑張らないと!